世界一の社員食堂を目指す『SmartKitchen』 4周年記念パーティーに従業員大集合!

f:id:smartnews_jp:20190611201307j:plain

オーガニック食材を使った健康的でおいしいランチが提供される社員食堂『SmartKitchen(スマートキッチン)』。2015年6月8日にスタートした当初は3名のスタッフで40食程度のランチを提供していましたが、従業員の増加に伴い今では4〜5名のスタッフで150食を超える量を毎日つくり続けています。

q.smartnews.com

キッチンスタッフのみなさん
毎日150食を超えるランチをつくるキッチンスタッフのみなさん

旬の食材を使った日替わりメニュー
SmartKitchenでは旬の食材を使ったランチが日替わりで提供されます

そんなSmartKitchenは先日、4周年を迎えました。従業員が健康的な食生活をおくり、普段から高いパフォーマンスを発揮できているのは、SmartKitchenのみなさんがいてこそ。日頃の感謝の気持ちを伝え、みんなで4周年をお祝いするべく、Tokyo East Office 2Fのイベントスペースでパーティーを開催しました。今回のスマQでは「SmartKitchen4周年記念パーティー」の様子をお届けします!

f:id:smartnews_jp:20190611201456p:plain
祝います

自分たちの手でつくったもので感謝を伝えたい

今回のパーティーで、SmartKitchenのスタッフさんへの感謝の気持ちを込めて用意されたのは……

f:id:smartnews_jp:20190612150518j:plain

f:id:smartnews_jp:20190612150514j:plain

f:id:smartnews_jp:20190612151955j:plain

\ お寿司です /

f:id:smartnews_jp:20190611201534j:plain
スマートニュースにいると、なぜかお寿司を食べる機会が増えます。

いつも料理をつくってくれるキッチンスタッフのみなさんに、この日は「自分たちの手でつくったものを食べてもらおう」といろんな部署のメンバーが集まり、お寿司を握りました。

※衛生面に配慮のうえ、お寿司を握っています。

f:id:smartnews_jp:20190611201717j:plain

台湾、イギリス、タイ、アメリカなど海外出身のメンバーも積極的に「握り」にチャレンジ。通訳翻訳チームのメンバーがお寿司の握り方を英語に訳してレクチャーするなど、みんなが参加できる万全の体制を整えました。

f:id:smartnews_jp:20190611202424j:plain
「 あ り が と う 寿 司 」と書かれた手づくりのれん

f:id:smartnews_jp:20190611202349j:plain
お寿司!

f:id:smartnews_jp:20190611202301j:plain
実家が釜飯屋さんのメンバーから、焼き鳥の差し入れがありました!

キッチンスタッフと従業員の交流を深める貴重な時間に

パーティー中にお寿司を食べていた、メディア事業開発部の山口亮さん(@d_tettu)に話しかけてみました。

f:id:smartnews_jp:20190611201736j:plain
寿司を堪能する山口亮さん

――キッチンスタッフさんたちとお話できましたか?

山口 キッチンスタッフのみなさんの顔は知ってるけど、「ごちそうさま」とか「おいしかったよ」くらいしか話したことがないんですよね……。せっかくの機会なので、ちょっと話してみようかと思います!

f:id:smartnews_jp:20190612150530j:plain
SmartKitchen料理長の駒井さんにも話を聞いてみました

――パーティーに参加してみて、いかがでしょうか?

駒井さん こういう会を開いていただけるのは本当にありがたいです。古くからいる方の顔と名前は覚えておりますが、最近はどんどん新しい方が入社されるので、話したことがない方もたくさんいます。こういう機会にみなさんとお話できたら嬉しいです。

f:id:smartnews_jp:20190612150527j:plain
あ、駒井さんと山口さんがさっそく話してる!

――山口さん、有言実行ですね!

f:id:smartnews_jp:20190611201841j:plain

山口 たくさん話せました。「家でも料理するんですか?」とか。駒井さんは家でも料理係みたいで「僕も家では自炊当番なんです〜」って家事の話で盛り上がりました。「社食の献立はどうやって決めてるんですか?」って話もして。今後SmartKitchenでランチを食べるときには「今日のメニューはこうやって決めたのかな〜」なんて考えながら味わいたいと思います。

パーティーでは新しい看板のお披露目サプライズもありました

f:id:smartnews_jp:20190611201918j:plain
新たにSmartKitchenの看板が設置されました

パーティーの終盤には、とあるサプライズが! 「SmartKitchenの看板」と「お野菜の生産者さんを紹介する看板」が披露されました。

f:id:smartnews_jp:20190611201945j:plain
お世話になっている生産者さんを紹介する看板

カタリストとして社内交流の活性化を担い、今回のパーティーを企画した土居純さんに話を聞いてみました。

――この看板には、どんな思いが込められているのでしょうか?

土居 一軒一軒の生産者さんたちをこの場に呼んで感謝を伝えることは難しいけれど、SmartKitchenの背景には、僕らが口にするオーガニック野菜をつくってくれているたくさんの生産者さんがいます。従業員のみんなにも、僕たちが食べるランチの背景には、こういうつくり手の方々がいることを知って欲しいんです。

f:id:smartnews_jp:20190611202040j:plain
塚本サイコさん(SmartKitchenの母体となるdaylight kitchen代表)とカタリストの土居純さん

――ところで今回、どうして寿司を握ることになったんですか?

土居 SmartKitchenのスタッフは、所属する会社は違えど、僕たちと一緒にはたらく仲間です。毎日、僕たちのために献立を考えて、丁寧においしいランチをつくってくれるのは本当にすごいことだと思う。いつもはキッチンのみんなが僕たちのためにご飯をつくってくれているけど、今日は僕たちがご飯をつくってみようと。お寿司みたいに手で握るものなら、みんなで楽しみながらつくれるし、感謝の思いが届くのではないかと思いました。

「つくり手に感謝すること」が会社のカルチャーであり続けてほしい

パーティーの最後には、SmartKitchen料理長の駒井さんから花束のお返しをいただきました。なんとこの花束、食べられるハーブでできているんです。(後日、花束のハーブはランチで提供されました)

f:id:smartnews_jp:20190611202154j:plain
駒井さんから「ハーブの花束」贈呈

f:id:smartnews_jp:20190611202205j:plain
いい香りがします

――最後に、「SmartKitchen4周年記念パーティー」を開催してみていかがでしたか?

土居 たくさんの従業員が、SmartKitchenのスタッフさんへ「ありがとう」と伝えるために集まったという事実が嬉しいです。「つくり手」への感謝の気持ちをもつことが、これからもスマートニュースを象徴するカルチャーのひとつであってほしいですね。

スマートニュース 採用情報